スラムダンク奨学金第11期生は、
小林良君(桐光学園)、
ホール百音アレックス君(昌平)の
二人に決まりました。
小林君、ホール君、合格おめでとうございます。

居心地の良い環境を離れようと決意するところから、
まだ見ぬ自分への変身は始まるのだと思います。
言葉も文化も違うところへ飛び込んでいくことは、大きな挑戦です。
挑戦する勇気と決断に、尊敬と応援の気持ちを込めて、心からの拍手を送ります。

良い選手になりたいなら、どれだけ切実に求めなくてはならないか。
強くなりたいなら、どこまでやらなくてはならないか。
出し切るとはどういうことか。
そういったことを体験し、いつか私たちに伝えてほしいと思います。

貴方のバスケット人生の主人公は他の誰でもない貴方です。
その道のりの中の14ヶ月が、二人にとってかけがえのないものになることを祈っています。
ワクワクするような成長を勝ち取ってください。

平成29年6月
井上雄彦