応募概要

応募期間
2016年10月31日(月)~2017年1月31日(火)
募集人数
若干名
応募資格
  1. バスケットボールに対する深い愛情と情熱を持ち、
    アメリカのプレップスクールのレベルでの競技に対応できる能力を有する人。
  2. 異文化体験への積極的興味を持ち、派遣先での生活に適応できる資質がある人。
  3. 日本の高等学校もしくは専修学校高等課程
    (いずれも学校教育法の規定によるもの)を
    2018年3月に卒業見込みの人、または主宰者が
    同等の課程を修了したとみなすことができる人。
  4. 1999年4月2日以降に生まれた人。
  5. 保護者の同意、承諾を得ていること。
    ※国籍は問いません。
応募方法
簡易書留、宅配便等、送付記録が残る方法
※事務局では、書類が到着したことをご連絡することはありません。
必要書類
  1. 所定の出願フォーム
    こちらよりダウンロードしてください。
    ※ダウンロードが難しい方は事務局にハガキかメールでその旨をお知らせください。
  2. ご自身とバスケットボールの、将来にわたる関わり方についてのエッセイ
    ※プレー実績を含めたもので800字程度が望ましい。
書類送付先
スラムダンク奨学金事務局
〒104-0045 東京都中央区築地3-11-6 築地スクエアビル8F
合格の取り消しについて
奨学生に決定してから、日本を出発するまでの間に、下記のような事態が発生した場合、
合格を取り消す可能性があります。
  1. 事務局及び受入先が定めている学業成績・健康状態の基準を満たしてないと判明したとき
  2. 刑事事件や、重大な交通事故を引き起こしたとき
  3. 日本の高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程を卒業・修了できなかったとき
  4. 事務局に提出した書類の情報が正しく記載されていなかったとき
  5. 事務局に提出すべき書類の提出、あるいは報告を怠ったとき
  6. 派遣国であるアメリカ合衆国からビザの発行を拒否されたとき
重要事項
  • このプログラムは、派遣先のチームでのプレータイム、
    プログラム終了後の進路を保証するものではありません。
    チームで活躍することによって、大学からの更なる奨学金の
    オファーを受けることを目指してください。
    大学からの奨学金のオファーを受けられなくても、相当の英語力を習得でき、
    進学サポートが受けられ、大多数の日本人が必要となる英語学校での過程が
    不要となる可能性が大きくなります。
  • プログラム終了後に帰国し、日本の大学に進学する場合、
    通常より2年遅くなることになります。
  • 奨学生は、バスケットボールのプレーにおいて活躍することを目指しますが、
    学業に応じてプレー活動を制限される可能性があることをよく理解し、
    必要な学業成績の取得にも努める必要があります。
  • 奨学生は、バスケットボールのプレー活動(試合・練習参加、チーム内役割など)に
    関しては、受入先のコーチ及びその関係者の決定に従わなければなりません。
  • 受入先での生活(良好な交友関係を築くこと、
    学校及び州・国が定める法規の遵守など)は、本人の責任となります。
  • 受入先の事情などにより、プログラム内容が変更になる場合がありますので、
    予めご了承ください。
  • 不慮の事故・災害などによって、プログラムが中止になる場合がありますので、
    予めご了承ください。