スラムダンク奨学金について

スラムダンク奨学金は、『スラムダンク』の作者である井上雄彦の
「この作品をここまで愛してくれた読者とバスケットボールというスポーツに、何かの形で恩返しがしたい」
という志から始まりました。
日本の高校を卒業後、大学あるいはプロを目指し
アメリカで競技を続ける意志と能力を持ちながら、
経済的その他の理由でその夢を果たせない若い選手を支援することで
その目的を果たそうと設立されました。
奨学金の原資は、『スラムダンク』の印税の一部と、
有限会社アイティープランニング、株式会社 集英社の拠出金で成り立っています。

スラムダンク奨学金では、奨学生をプレップスクールに派遣します。
プレップスクールとは、大学準備や、より高度な教育のための私立の学校のこと。
全寮制の学校も多く、大学準備のための学校である日本の予備校や塾とは
概念、雰囲気などが異なります。
NCAA あるいはその上のプロとしてのプレーを目指す外国からの留学生も多く在籍しています。
選手は大学コーチなどがスカウティングに足を運ぶことの多い
プレップスクールで活躍することによって、米大学からの運動部奨学金のオファーを受ける
チャンスを与えられることになります。
NCAAでは、規則として最低限の学業成績をおさめていないと
公式戦でプレーすることができません。
スラムダンク奨学金が奨学生を大学ではなくプレップスクールに派遣するのは、
英語を母国語としない日本の選手が、大学あるいはプロを目指すためには
まずプレップスクールが現実的であり、もっとも適した留学先であると考えるためです。

言語や生活習慣の違いを克服しながら
アメリカで競技を続けていくことはやさしいことではありません。
しかし、その経験は奨学生を選手としてだけでなく、
一人の人間として大きく成長させるものです。
まさに、生涯にわたる財産となるでしょう。
予想されるさまざまな障害も乗り越えて、より高いレベルでの競技者として成長しうる
強い意志と、将来にわたって日本のバスケットボールの礎となるべく
理想を持った若い選手の応募を期待します。